ビズラン 「すべらない話の作り方」


2020年10月21日水曜日のビズランでは「すべらない話の作り方」を紹介。

アメリカのスタンドアップコメディアンMargot Leitmanさんの本、「Long Story Short」で学んだコンセプトです。彼女は「TED Talk」で話した人たちの話し方のクラスを行なっている先生でもあります。


Margot Leitmanさんの本は残念ながら英語版しかないようです。

「Long Story Short」


人前で話す方法、Margot流。


STEP 1

まずは話すことを全て書く。

本を書くように書くのではなく、話す通りに書く。

正しい日本語でなくていいのです。

一番仲のいい親友と話す時のように書くのです。


STEP 2

友人の前で読む。


STEP 3

修正する


STEP 4

話の部分をリストする。短いメモを作るのです。


STEP 5

重要な言葉の下に線を書く


このプロセスを使っていくつかすべらない話を用意するのです。


人前で話す方法、Margot流


POINT 1

事実であるべき。

登場人物の名前を変えていい。性別や年を変えてもいい。

シンプルにしてもいい。三人の登場人物を一人にしたり。

登場人物にあだ名をあげてもいい。

「熊くん」とか。


POINT 2

話の中に聞き手をWelcomeする。

自分に起きている話のように、中に入れてあげるのが大事。