MindfulnessHP1.jpg
LR Mindfulness Logo BLK.png

「幸せになりたい」

この望みを叶える為に、

虹のふもとを目指して

全力で走っていませんか?

 

満たすことができない欲を

コンパスにして、

妄想のゴールだとは知らず、

ライバルより先に進もうと頑張る。

 

つまずくたびに怒り、

邪魔な人を憎む。

 

本当は苦しい時間が多いが、

負け犬だと思われたら

おしまいだ。

プライドを大事にし、

人によくみられる自分を作る。

 

この苦しみのループから

解放する鍵がマインドフルネス瞑想。

続けることで虹は妄想だと気がつき

マインドフルな生き方に

たどり着くことができます。

Rock3.png

科学的説明

 

最新科学でわかっていることを説明します。

我々の脳の中ではドーパミンなどの分子が

様々な考え事をランダムに生み出し、大半の時間、

我々の意識を支配しています。

目的は子孫を残すこと。

バクテリアも人間もこれは同じです。

目的の為に妄想で意識を埋め、

欲求で操作する。

子孫を残すことに役立つことは快感。

残すことにリスクがあることは苦痛。

幸せを感じさせることが目的ではありません。

ドーパミンの指示で日々の判断を知らず知らず行っているのです。

「自分」が本当に求めているものだと、

思いこますドーパミン。

でも欲求を満たすことはできない仕組みになっているのです。

本当の幸せは”今この場”神経伝達物質(Here & Now neurotransmitters)から感じとることができるのです。

(”今この場”神経伝達物質:  serotonin, oxytocin, endorphins, endocannabinoidsなど)

詳しくはもっと! : 愛と創造、支配と進歩をもたらすドーパミンの最新脳科学

 

妄想の欲求を生み出すドーパミンの活動をマネージして、

できるだけ多くの時間、”今この場”神経伝達物質が脳を支配している時間を増やす。

こんな夢のような薬が開発されることを願っています。

それまではマインドフルネス瞑想が最も効果的です。

マインドフルネスとは何?

 

ドーパミンが生み出す妄想に気がつき

欲求に振り回さられず生活をおくることです。

このマインドフルな生き方にたどり着く

一つの鍵が瞑想です。

 

でも「マインドフルネス」という言葉が

最近はちょっと違った意味でも使われています。

 

心をリラックスさせる時間を作るためとか

いい睡眠をとるためとか

血圧を下げるためとか

一時的にストレスから解放する方法を案内する

アプリなどが多いです。

Rock2.png
LR Mindfulness Just Logo BLK.png

なぜライブラン?

 

ライブランで行うマインドフルネス瞑想は
苦痛を感じるループから解放する鍵となる瞑想。

伝統的な教えを土台とし、
最新の科学的な理解をインテグレーションしています。

伝統的な教えは
約2500年前にマインドフルネスを教えていたゴータマ・シッダッタの教え。
約1600年前に書かれた『ヨーガ・スートラ』の作者だと思われるパタンジャリの教え。

最新の科学的な情報は
ジョージワシントン大学の精神医学・行動科学部教授、ダニエル・Z・リーバーマン。
ハーバード大学 メディカル・スクールの精神学教授、Dr. Ron Siegel。
神経科学者のサム・ハリス。
その他にも様々なエクスパートの考え方を取り入れています。

ここまで深く追跡して開発された
日本語で行うマインドフルネスプログラムは、
探してもそうはないと思うので、誇りを持って届けていきます。

焦らず、習慣にして、長い目で変化を感じていきましょう。
 

参加方法

​ライブランアプリをダウンロード
1.png

Appleストア、又はGoogleプレイで「ライブラン」を検索。「CLUB」セッションは有料メンバー限定ですが、それ以外は無料で楽しめます。

​オンデマンドタブへ
5F9C4369-BA0C-4805-BFC6-1221256F1C7B.PNG

好きな時間に好きな場所で練習してください。

​耳だけでセッションに参加
Tomo Meditating.JPG

セッションの前半は瞑想。後半は知識を深める情報となっています。マインドフルネス瞑想を習慣的に続けることと、知識を獲得すること。この両方を同時に行うと
マインドフルネスの本当の目的に近づくことができます。