全身PET-CTの放射線ひばくはどれだけあるのか?



FOREVER23セッションでがんのリスクの話をしました。

医師からの指示があった場合はPET検査を行うのは当たり前なのですが、ライブランナーの中にはがんの疑いがなくても検査を行う人がいると知りました。


全身PET-CTの放射線ひばくはどれだけあるのか?

Dr.Rajpaul Attariwalaによると30-40millisieverts。

IAEAによるとハイレゾで全身PET-CTは30mSv。

American Cancer Societyは25mSv。

香港で実際に測ったら13, 25, and 32 mSvと人によって違ったようです。

はっきり「xxxmSvです」とは言えないようです。


日本の病院のウェブサイトだと10mSvぐらいだとか、低いことを言っているところが多いのですが、本当はどれぐらいなのか心配です。


日本の環境省は年間追加被ばく線量1mSv

なので10mSvであっても、年間の10倍を一度にあびることになります。


このような情報を知ってから検査をする判断をしましょう。


--------


ライブランのコンテンツ(放送、ブログ、SNSなどを含む)は一般的な情報提供を参考として紹介しています。医療、看護、その他の専門的な医療サービスの実践を構成するものではなく、医師と患者の関係は成立しません。 ライブランのコンテンツ、トレーナーが共有した情報はユーザー自身の責任で行ってください。専門的な医療アドバイス、診断、または治療に代わるものではありません。 体に異変を感じた場合は医療専門家の支援を求めてください。医学的アドバイスを無視したり、診断を遅らせたりすることは避けてください。


特集記事