UDONと生きる道


5/30(木)6:00と7:00からのカレンの木曜マルシェでは、UDONをテーマにお話しました!

(1)うどんすするかすすれないか問題!

このすする、すすれないの差は、口呼吸と鼻呼吸を使い分けられるかどうか、がポイントです。

麺をすすれる人というのは、食べるとき麺といっしょに空気も口に入れ、

そのあと空気だけを無意識に鼻から出しているのです。

しかし麺をすすれない人は、麺と空気をいっしょに口に入れても、鼻から空気を抜くことができないので、

麺が入っていかないとのこと。

つまり、麺がすすれないのには、口呼吸&鼻呼吸が関係しているということですが、

簡単な訓練をすればすすれるようになるとのこと!

①「エアすすり」

 口をすぼめて息をシュッと吸い込んで、そのあとにいったん息を止めて、

 鼻からだけ息を出すようにします。これが5回連続でできるようになったらOKです!

②「水すすり」

  麺をすするように水と空気を吸い込み、口の中に水を溜めたまま先に鼻から空気だけを出します。

  そのあと水を飲みこみます。これが3回連続でできるようになったらOKです!

ちなみに、麺をすすることでスープの香り成分を口に運ぶことができ、吸い込んだ空気が鼻を通ることで

ニオイセンサーが香りをキャッチし、うどんそのもの香りを堪能できるという仕組みだということで、

すすれない人は風味を4倍も損しているをという風に言われています。

ぜひこの機会に、エアすすり、水すすりを習得して、共にすすりましょう!

(2)うどんの歴史は諸説あり!?

①博多が発祥地!?

  鎌倉時代、博多のとあるお寺には、「うどんそば発祥の地碑」があり、

  1242年に中国から帰国した、臨済宗の僧が、広めた、という説。

②空海が広めた!?

  平安時代、真言宗の開祖、空海が、遣唐使共に中国に渡り、うどんの技術を日本に持って帰って、

  貧しい人たちを救ったという説。ちなみに空海の故郷は、「讃岐うどん」で有名な香川県。

③遣隋使によって、中国から渡ってきた、「こんとん」という、お菓子が起源!?

  「こんとん」を温かい汁に入れて食べるようになり、「おんとん」 に。

   これが転じて、「おんとん」→「うんとん」→「う〜どん」→「うどん」!

(3)ランニングとうどん

 ここからは、ランニングとうどんについてお話していきます。

 マラソンランナー、高橋尚子選手、レース前は「力うどんをおかずに米を食べている」。

「レースにでるどんなランナーでも、食事に関しては、一週間かけて調節することを勧めていて、

例えば、日曜日にレースがあるとして、月火水はお肉やお魚などのタンパク質、木金土は炭水化物。

1週間丸々調整できなくても、2日前までならなんとかなる!できるだけごはんやうどん、

おもちなどの炭水化物をとろう。残り2日間からの準備でも一般の人の試合の結果は大きく変わります」

という。

食に関するレース前の2つのポイント

①走るパワーとなるエネルギーになる食べ物

これは長い距離を走る場合は必須の要素、炭水化物です。

②消化の良い食べ物

長い距離を走る場合は、内臓に負担がかかるので、消化が良いものが良いとされています。

この二つの要素があるのが以下の食品です。

ごはん・うどん・お餅・パスタ、etc...

ただし、慣れていない方には、胃もたれや体重の増加が発生することがあるので、

自分の体と相談し実施するほうが無難です!

(4)UDON心理テスト

「うどんに添えたい薬味でわかる、恋を維持するエッセンス」

【質問】

 彼(or 彼女)とお店に入り、うどんを注文したあなた。

  さて、薬味を1つ添えるとしたらどれでしょうか?

A:しょうが / B:わさび / C:七味 / D:きざみ海苔

【診断できること】

「あなたの恋を維持する上で必要なエッセンス」

 深層心理において、「うどん」は長いものの象徴であることから、持続性や継続することの大切さを意味します。そしてうどんに添える「薬味」は、継続する上で必要な要素を意味します。このことから、うどんに

どんな薬味を添えるかによって、恋愛はもちろん、人間関係を維持していくためのヒントが得られるかも!

A:しょうが……自分を振り返って反省すること

 うどんに添える薬味を「しょうが」にしたあなた。しょうがのピリピリとした味は、自分への戒めをあらわします。このことから、恋を維持する上で必要なエッセンスは、「自分を振り返って反省すること」です。

あなたはケンカをすると、ついつい相手のせいにしてしまいがち。

自分を振り返り、反省すれば、きっと恋も長続きすることでしょう。

B:わさび……日々の付き合いにおける刺激

 うどんに添える薬味を「わさび」にしたあなた。わさびのツーンとくる香りは、飽きない刺激をあらわします。このことから、恋を維持する上で必要なエッセンスは、「日々の付き合いにおける刺激」です。あなたにとって恋愛のドキドキ感はとても大事。刺激を失わないために、デートに変化を加えるなど、刺激を作り出す工夫は重要です。

C:七味……相手に対する愛情を素直に表現すること

 うどんに添える薬味を「七味」にしたあなた。熱い辛みは、相手への情熱をあらわします。このことから、あなたの恋を維持する上で必要なエッセンスは、「相手に対する愛情を素直に表現すること」です。あなたはちょっと冷めたところがあったり、少しあまのじゃくな傾向があるので、相手に誤解を与えるかもしれません。あなたの想いを素直に相手に伝えてみよう。

D:きざみ海苔……言葉を柔らかくオブラートに包むこと

 うどんに添える薬味を「きざみ海苔」にしたあなた。ふわりと振りかける海苔は、包み込むようなやわらかさをあらわします。このことから、あなたの恋を維持する上で必要なエッセンスは、「言葉を柔らかくオブラートに包むこと」です。あなたはよくも悪くも遠慮がありません。言葉をストレートに伝えすぎて相手のプライドを傷つけ、ケンカになってしまうところがあるかも。

言葉を柔らかく、オブラートに包むよう心がけることで、関係はよくなります。

「UDON」をテーマに様々なことをご紹介しました!

今日のお昼、もしくは夜ご飯はうどんで決まりですね♪

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2020 by ライブラン株式会社