『フレフレ!2022』上野裕一郎さんと瀬古利彦さんが登場!


2022年5月14日のフレフレ!2022では上野裕一郎さんがゲスト出演しました。


"フレフレ!2022 w/瀬古利彦 & Friends"は、瀬古利彦さんとそのアスリート仲間たちによる企画です。

フレフレ!2022ではなんと、瀬古利彦さんがナビゲーターとして毎回ご出演!

生放送で応援又は指導メッセージを送ります。



ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

上野裕一郎さん プロフィール

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

立教大学体育会陸上競技部、男子駅伝監督。

佐久長聖高時代には10,000mで高校記録を樹立、。中央大学に進み各大学駅伝で活躍、スピードキングと呼ばれた。 瀬古利彦さんの教えを乞うためエスビー食品に入社。 2009年には日本選手権で1,500m、5,000m二冠を達成。 同年のベルリン世界陸上に日本代表として出場。 2013年にDeNAに移籍後、2018年には立教大学の男子駅伝監督となる。 現在も日本一速い監督として自身もレースに挑み、学生選手を鼓舞している。 2024年の100回記念箱根駅伝出場を目指して、目下奮闘中!

Twitter



ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

セッションの内容を一部ご紹介

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー



・指導する上で工夫していることは?

>選手の意見をしっかり聞いてあげること、良い距離を保ちながら学生を見ていくことですね。

(ちなみに、瀬古さんの練習メニューをマネしようと思ってもできないそうです・・・!)



・選手達を鼓舞するために大切なことは?

>普段から選手達とコミュニケーションを取りながらやっていくことが一番大事なんじゃないかなと思いますね。



・今までで一番印象に残っているレースは?

>世界陸上ですかね。世界とのレベル差を肌で痛感したので。



・ラストスパートはいつから切り替えれば良い?

>自分がラスト1km何分(キロ5分であれば5分、6分であれば6分)と決められるところから徐々にペースを上げていければ良いと思います。残り1kmを頑張るというのが秘訣だと思います。




<< 特別コーナー! >>


①「どっちをCHOICE」

長野県VS三重県 上野さんと瀬古さんの地元自慢を伺い、どちらが魅力的に感じたか、セッション終了後に参加者にコメントで答えてもらいました♪


②「ゲストと話そう」

ランニング終了後、事前予約いただいたライブランナーが抽選でゲストと会話するコーナー!

今回は りえりんさんと とも猿さんがトーク権を獲得しました!



ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ライブランナーからのコメントを一部紹介

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー


「瀬古さんの思い出したダメ出しとか、上野さんへの愛が見えて楽しかったです。上野さんまた来て下さい!」

「ラストスパートに自分の1kペースでするって参考になりました」

「楽しいお話てした!スピード練習なしで速くなる方法が見つかったらご連絡しますね(笑)」

「学生を見習って雨の中走りました。頑張れ、立教、箱根駅伝をつかみ取って下さい。」

「上野監督の学生に対する考え方、なるほどと思いながら聞いていました。瀬古さんとの師弟関係がとても素敵でした。立教大学、応援します!」



ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

フレフレ!2022プレゼント

ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー



フレフレ!2022参加者で1km以上進んだ人で「どっちをCHOICE」で得票数の多い方を選んだ方の中から、ライブランならではの嬉しいプレゼントの抽選も行いました。

今回のプレゼント、PUMAのシューズはぴょんたさんとララさんに当選しました!


おめでとうございます!



ーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー


今回のフレフレ! 2022(40分ラン)では

男性第一位がヒーロー神さん

女性第一位がララさん

という結果となりました。

今後のフレフレ!2022もお楽しみに♪

特集記事
最新記事
アーカイブ