ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スート

僕が英語で読んだ“The Yoga Sutras of Patanjali: Commentary on the Raja Yoga Sutras by Sri Swami Satchidananda”の日本語版はきっとこれだと思う。ヨーガ・スートラとは群小教典をまとめたものでパタンジャリによって4-5世紀頃に編纂されたと言われる。ヨーガ(ヨガ)の修行はこれが書かれた数千年前からあった可能性が高いが、パタンジャリのまとめは現代人が行っているヨーガの基本経典として重視されている。そのまま読むと意味不明なので、この本のように指導者の解説でやっと意味が掴める。様々な解説版を読んでみたが、このスワミ・サッチダーナンダが理解しやすいと感じた。注意点:関節を伸ばすようなポーズがヨーガの一部になったのはもっと現代的なことで、このスートラの基本は座禅。体の修行ではなく、自分の中、意識を理解する練習です。

ヨーガ パタンジャリのヨーガ・スート