519 調査開始

65 手掛かりが入る最後の日

66 犯人投稿最終日

69 犯人公開・NIKE抽選

石垣島でマラソン大会出場中、一人のランナーが謎の死。

他殺との判断。

容疑者は11人のライブラン トレーナー。

犯人を当てられたら必ずスタバのドリンクチケットがもらえます。

当たった人の中から抽選でナイキフリーラン5.0を2名にプレゼント。

NikeFree5BlkPNG.png
NikeFree5White.png

キャンペーンのルール・注意点

  1. 動機がないと犯人ではありません。誰も知らなかった隠れ動機などなし。

  2. どんなくだらない理由でも動機があると判断したら犯人の可能性があります。(例:チョコレートを盗み食いされて怒っていた。)

  3. 第三者の証言に嘘はありません。犯人が嘘をつく可能性はあります。

  4. 犯人は1人。単独行動で、かばいあいはなし。

  5. ストーリーは全てフィクションです。ご理解をお願いします。

  6. 犯人を当てるにはキャンペーン中のライブラン セッションに最低1回は参加している必要があります。

  7. スタバチケットはライブランアプリに登録しているメールに送ります。迷惑メールに入っていないか確認をお願いします。

2019年5月19日、沖縄の石垣島で行われていたアイランドトレイルラン50Kの32km地点でトレーナーTomoが道に倒れているのをランナーが発見して駆け寄った。呼吸困難だったが、最後の息で「ライブラン トレーナーに殺された」と言ったあと死亡。体には怪我はなく、ダイイングメッセージがなかったら心臓発作だと判断されていただろう。死亡推定時刻は10:00AM。死亡の理由はまだ不明。

倒れていたのはコースの森に囲まれた海辺の道であり、誰も目撃者はいなかった。
ダイイングメッセージから、沖縄警察署は他殺と考え、犯人はライブラン トレーナー11人の誰かだと確信して捜査を進めている。

 

タネ明かし

走犯人の推理、お疲れ様でした。

6/9のLR60ランで犯人はトレーナーYAMADAだったと明かしました。このストーリーはフィクションだとご理解をお願いします。実物のトレーナーYAMADAは優しい人です。この解明ランに参加できなかった人もいるので、ここで謎を明かしたいと思います。

 

今回は走れば走るほど確率が上がるデザインにしました。

11人の容疑者からスタートして

どんどん容疑者が減っていきました。

 

早い時点からヨガのトレーナー3人は無罪とのClueを発表。

そしてライブランを卒業していったトレーナーMizukiも無罪。

 

4人減って、残るのが7名。

 

トレーナーAoiは呪いの人形に針を刺していたことがわかり、

6名に減る。

 

トレーナー大野は少年野球の練習を見ていた情報が入り無罪。

5名に減ります。

 

Mai, Karen, ゆうこ, Tak, 山田の5人。

 

ここで犯罪の手口が明らかになります。

ピーナツバターアレルギーだと知っていた人が、

これを針に塗って、トレラン中に刺す。

ヒントにもあったのですが、これはとても「計画的な殺害方法」だと警察も判断しています。

 

LiveRunセッションに参加していると一人一人の動機がわかってきました。

これをミスったとしても、最終日には動機が隠れウェブサイトにアップされました。

https://www.liverunapp.com/lcs

 

計画的な行動ということは、

レースの当日に怒ってしまったトレーナーMaiとKarenが省かれます。

おにぎりを食べられたMaiと水を飲まれたKarenです。

 

殺害する予定がなかった人がレース会場に針を持って行きません。

とっさにピーナツアレルギーのことを思い出し、針で刺そうと思いつきません。

 

これで残るのはゆうこ, Tak, 山田の3人。

当たる確率33%まではたどり着くことができます。

 

難しいのはここからです。

 

ポイントは針が現場に落ちていたことです。

もし近い場所で針で刺したなら、

証拠となる針を現場に置いたまま去りますか?

 

最終日のセッションに参加した人だと、実は3つの針が見つかったと知っています。

犯人は針を回収できなかった理由があるということです。

 

そうなると遠くから針を打ったことになります。

その可能性が一番高いのがドローンの練習を行なっていた

トレーナーYAMADAです。

 

なぜトレーナーYAMADAがドローンの練習をしたとわかるか。

これがこの走犯人キャンペーンで一番難しいポイントです。

6/4の朝6:30のトレーナーKarenのランで出したヒント:

「トレーナーYamadaはよく千葉の「畑町」(はたまち)に「練習」に行くとの情報が入りました。」

Google検索で「畑町」と「練習」を検索すると

都心から最も近い屋外型ドローン飛行練習場「HATAドローンフィールド千葉」が出てきます。

 

そしてトレラン参加者がUFOを見たとの発言がありました。

みなさん、トレーナーTomoの裏Twitterアカウントにはたどり着けましたか?

https://twitter.com/F5sghdsFTrtvbdH?

たどり着いた人はトレーナーTomoが生きていた最後の映像を見ることができます。

このビデオの最後の3秒に飛んでいるドローンが写っています。

このビデオをみて考えすぎてはだめです。

 

リアルに考えてみてください。

セルフィーを取ったとき、背景にドローンが飛んでいたことって人生で何度ありますか?

めったにありません。

殺害されたこと何度ありますか?

めったにありません。

このめったにないことが同じ日にトレーナーTomoに起こったのです。

だったらこのドローンと殺害に関係あると考えるのが妥当です。

 

犯人の証言:

60分ラン内でトレーナーYAMADAの証言を発表しました。

湊かなえさんの小説、「リバース」ではアナフィラキシーショックのことを知ります。ピーナツアレルギーだったトレーナーTomoにアナフィラキシーショックを起こすことを思いつきます。

 

完全犯罪のポイントはアリバイです。

2014年の映画、ドローン・オブ・ウォーっていう映画知っていますか?

この映画は事実をベースにしたストーリーで、イーサン・ホークがドローンの操縦士になって、アメリカから、中東に待機してあるドローンを使いテロリストを殺します。

 

これだ!

自分にアリバイを作っておいてTomoが遠くにいるときに、ドローンを使ってアナフィラキシーショックを起こせばいい。

 

でもこれがそこら辺で売られているドローンでも可能なのか?

可能でした。

「Cellular drone」といい、ドローンにスマホを設置して、4G回線でインターネットにつなげます。4Gを使ってカメラの映像をネットに生配信。これを家かインターネットでドローンのカメラ映像がリアルタイムで見えて、操作できるのです。

現在日本でこれをするのはルール違反です。ドローン操作はつねに目から離れてはいけません。でも殺人をするならルールなんて関係ありません。ネットでCellular Droneと検索したらアマチュアの人が作り方を公開していました。

 

https://wiredcraft.com/blog/drone-copter-uav-4g-network/

 

CAPEという商品

https://www.cape.com/product

PCでドローンを操作しているビデオ

Parrot DISCO Unlimited Range! 4G LTE + Li-Ion Mod - 25 Mile MAUI to LANAI Manual Flight

ハワイのマウイ島からラナイ島への4Gを使ったフライト

後はどうやってピーナツを体内に打ち込むのか?

これは簡単でした。

Youtubeに注射器の後ろにばねを付けるエアガンを見つけました。5000円で作れました。これに電波スイッチを付けてドローンのスマホから発射シグナルを出せるようにしました。

Syringe Needle Gunと言う注射器を使ったエアガンの作り方(いい子は真似をしないように)

これを3発用意。

千葉の「畑町」(はたまち)にある「HATAドローンフィールド千葉」で練習をコツコツやりました。

https://hata.blue/

 

この方法でトレーナーYAMADAは数回のマラソン大会で実行します。でも失敗が続きます。これが今回の完璧犯罪のポイントです。このドローンを使った方法はなんども失敗しても問題がないのです。

 

そして石垣島のトレラン大会。

パーソナルトレーナーとして一緒に行きました。

今回はランニングコースもしっかり把握しました。

前日にドローンを設置して、

飛行機に乗って東京に戻りました。

 

リアルタイム映像で「LIVERUN」のTシャツを着たトレーナーTomoを確認。

ドローンを飛ばし、

後ろから入り込んで首をめがけて発射!

1発目ミス。

2発目もミス。

そして最後の3発目が命中!

 

数秒後息苦しくなるのをモニターで確認。

でも他のランナーたちからドローンを見られたくないので素早く高度をUP。

高度300mに上がったら、ここからは海に向かいます。

このまま電機が無くなったら海に落ち証拠が消えます。

 

すぐに仕事に戻り、13時からあきこさんのトレーニングをしました。

これでアリバイもバッチリ。

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2019 by ライブラン株式会社