これは水です


2021年2月17日のビズランで紹介したのは作家、デヴィッド・フォスター・ウォレス(David Foster Wallace)さんが、2005年にKenyon Collegeの卒業式で行ったスピーチでした。

僕はこの約23分のスピーチを10回聞いても、11回目にはまた新しい学びがありました。これを30分の朝ランで紹介するのは難しすぎるのではと悩みました。Davidさんには失礼ですが、部分的に取り出して、できる限り簡単な日本語で説明したのがライブランのビズランバージョンです。

本物のスピーチは10倍深みがあるので、Youtubeで聞いてみてください。選んだリンクのバージョンは大きな文字があるので、英語が聞き取り難くても比較的わかりやすいかもしれません。


「これは水です」は本にもなっていて、翻訳されているようです。日本語版は読んだことがないので、うまくデヴィッドさんが伝えたいことが翻訳できているかわかりません。


準備の翻訳で悩んだ部分もありました。

“Worship”の日本語はなんだろう?

礼拝(れいはい)を使ってみましたが、「権力に礼拝する」とあまり日本語では使われないように感じます。英語だと”Worship power”とかよく使います。


渋滞の中でスーパーに行くシーンも、もっと日本人が経験している例に変えようかと思いましたが、そのままにしておきました。いくつかは英語だからうけるジョークもあったので、省きました。環境問題を真剣に考えている人が多いカリフォルニア州だと、燃費が悪いSUVとかピックアップトラックに乗っている人たちを批判する人が多くいます。”Patriotic or religious bumper-stickers”とは、”Proud to be American”(アメリカ人なことに誇りを持つ)とか”God Bless America”(米国に神の祝福を)と書かれたシールを車の後ろにはる傾向です。


デヴィッドが伝えたいメッセージは仏教の教えと似ている部分もあると感じました。でも仏教が広まっている国だと思っていた日本ですが、Siddhattha Gotamaの考え方に触れる機会が意外と少ないと感じています。反対にキリスト教がメインなアメリカでマインドフル瞑想が流行していて、意識に入ってくる考えを選ぶ重要性に気がつき始めています。でもデヴィッドの2005年のスピーチはマインドフル瞑想が流行するずっと前に行われています。


トレーナーTomo


 


僕の下手な日本語で部分的翻訳したスピーチです:


2匹の若い魚が泳いでいました。

年配の魚がすれ違ったときに、

“Morning, boys. How’s the water?”

「おはよう!今日の水はどう?」と挨拶。

若い魚たちは少し泳いだあと、仲間に聞きます。


“What the hell is water?”

「水って一体なに?」


この魚の話のポイントは、

most obvious, important realities are often the ones that are hardest to see and talk about.

最も大事な事実は

最も見えにくいこと。

言葉にするとつまんな言い伝えに聞こえる。

でもこのつまらない言い伝えが

大人の毎日では生きるか死ぬかぐらい、大事な意味を持つ。

これを今日は伝えたい。


アラスカの大自然の中にあるバーで、

二人の男たちが飲んでいた。

一人は宗教の信者で

もう一人は神様を信じない、無神論(むしんろん)な男。

神様の存在について熱く議論していました。

酔ってきた頃、神様を信じない男が言います。

「おれだって、神を信じたくないわけでなないんだ。

試したこともある。

先月、大吹雪だった日に遭難しそうになったんだ。

マイナス50度で、もう死ぬかと思った時に、

神様、助けてくださいと祈ってみたこともある。」


宗教の信者は不思議に思い、聞きます。

「だったら今は、君は神を信じているはずだ。

だってこうやって生きているんだから。」

“No, man, all that was was a couple Eskimos happened to come wandering by and showed me the way back to camp.”

「そうじゃないんだ。

その後、たまたまそこを通った、エスキモーたちが現れたらから

彼らに道を案内してもらっただけだ。」


このように二人が全く同じ体験をしても、全く違った解釈をする。

我々は様々な考え方を受け入れてあげたいから

どっちが正しくて、どっちが間違っているとは言わない。


でもそれだと、なぜ彼らがこのような考え方に

辿り着いたかを理解できていない。

人の考え方は背の高さや、靴のサイズのように、

決められていると考えてしまう。

二人ともが、自分の考え方が正しいと信じ切っていることはどうだろうか?


ポイントはこれだ。

どのように考えたらいいか。

それは少し傲慢(ごうまん)度を下げるのはどうだろう。

Because a huge percentage of the stuff that I tend to be automatically certain of is, it turns out, totally wrong and deluded.

自分は絶対に正しいと

自動的に思ってしまう。