誰もが1度は憧れるシックスパック (Six Pack)、目標にするべき?

腹筋が割れるとかっこいい。 誰もが1度は憧れるシックスパック (Six Pack)ですが、 腹筋を割るのを運動目標にするべきなのか? どうしても割れた腹筋を獲得したいなら何をするべきなのか? Livestrong.com情報を元に答えます。 目標にするべき? オススメはできないそうです。 なぜなら割れた腹筋を持っているから健康的で、 シックスパックが見えないから不健康な訳ではないからです。 シックスパックは体脂肪率がかなり低くないと現れません。 個人差はありますが 男性の場合6−9% 女性の場合16−19% だと腹筋が割れている体型だと言われています。 Livestrongによると健康的な体型は体脂肪率が 男性の場合11−22% 女性の場合23−33% だそうです。なので必要以上に脂肪を燃やさないと シックスパックにたどり着きません。 健康的な体が目標ではなく、 美の為にシックスパックが欲しいならどうするべきか? 腹筋をしてコアの筋肉を増やすという考えが多いですが、 それよりも脂肪を燃やすためのカロリーバーンが大事だそうです。 腹筋を強めても体脂肪率が高いと隠れているだけ。 なのでまずは体全体の筋トレでカロリーを燃やしやすい体を作り、 ランニングなどのカーディオトレーニングで、カロリーを燃やす必要があります。 そして 糖質を制限したり、 質のいいプロテインを摂取したりといった 食べ物の面を改善すべきです。 そしてもちろん腹筋トレーニングも大事なのですが、 腹筋を鍛えすぎ、その腹筋に伴った背筋がないと、背中を痛めるといった問題も起きかねないようです。

そして科学者の間でも一致した意見が出ていないのが 「腹筋は毎日鍛えても良いのか」です。 ある科学者によると、腹筋はその他の筋肉と同じように、休息が必要と言われています。 しかし腹筋が他の筋肉と違ってユニークなのは、 シットアップ、プランクといった腹筋を意識的に鍛えずとも、 スクワットやベンチプレスといったワークアウトや、ヨガ、ランニングといった 人間のほとんどの動作に腹筋が使われており、 無意識的に人間は腹筋を毎日鍛えているということになります。 翌日に腹筋が痛くてたまらないという状態でない限り、 腹筋トレーニングを毎日行っても問題ないという科学者も多いとのこと。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2020 by ライブラン株式会社