検索
  • LiveRun

車椅子テニスの魅力



2月1日、6時30分からの

トレーナーにMizukiによる、パラトークランでは、

車椅子テニスについてご紹介しました。

車椅子テニスとは、車椅子に乗って、行うテニスで、

ラケットを持った状態で、巧みに車椅子を操作します。

正確で力強いサービス、激しく打ち合うラリーなど、

テニスの魅力が存分に味わえる競技です。

車椅子テニスには通常のクラスわけとは別に

クァードというクラスがあります。

クァードとは、英語で四肢(両腕と両脚)麻痺を意味する

「Quadriplegia 」(クァードリプリジア)の略です。

クァードクラスでは足だけでなく、手の麻痺もあるので

中には電動車いすを使用する選手もいます。

さらにサーブをトスするのも難しい選手もおり、

アメリカのニコラス・テ イラー選手は

脚で器用にボールを蹴り上げ、トスをし、サーブを行うのです。 

繊細さと迫力を兼ね備えた、車椅子テニス!

注目の競技ですね!

毎週金曜日の朝6時30分からの20分のランでは、

パラ競技について、トレーナーMizukiがたくさん紹介しています!

気になる方はぜひJOINお待ちしております^^

#トレーナーMizuki

11回の閲覧

© 2017-2020 by ライブラン株式会社

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle