検索
  • LiveRun

和顔愛語のすゝめ



今日13時からは、トレーナーカレンによる、20分間の「ことわざラン」を行いました。

今回のテーマは「顔は口ほどにものをいう」 、これはことわざ辞典には載っていません。

その前に、元のことわざ、「目は口ほどにものをいう」をご紹介。

これはことわざ辞典に載っているものです。

この意味は、

「目は、言葉で説明するのと同じように、相手の人に気持ちが伝わるものだということ。」

つまり、「言葉に出さなくても、目の表情で相手に伝えることができる。」

「言葉でうまくごまかしても、目に本心が表れるものである。」という風になります。

この「目」というのは、様々な心理状況を表すものではありますが、

人それぞれだと、カレンは思います。

嘘をつくと目をそらす、それも人それぞれ。

上を向くと考えている、それも人それぞれ。

ランニングの後半からは、

「顔は口ほどにものを言う」という一文を読み解いていきました。

想像してみてください、人と人が出会ったとき、はじめに目に飛び込んでくるのは?

みなさんどこだと思いますか?それは、「顔」なのです。

ランナーなら、もしかしたら脚、シューズと答える方も多いかもしれません。

私たちは意識、無意識に関わらず、顔から様々なものを受け取り、会話をスタートさせます。

では、コミュニケーションの起点となる、「表情」には何が表れているのでしょうか?

ランニング中も、ヨガ中も、笑顔になること、笑ってハッピー指数をあげましょう!と

LiveRunではよく声をかけます。確かに、心がすっと軽くなり、スムーズに動けるような気がします。

仏教には、

「和顔愛語」- ワゲンアイゴ という言葉があります。

意味としては、和やかな笑顔と優しい言葉の施し、仏像の尊顔。

仏様の顔をみるとなんだか、にっこり、ほっこりすることはありませんか?

これは心理行動の一つで、「表情模倣」と言われ、相手の表情につられ、

それをみている受け手側も同じ表情を真似てしまう表情。

笑顔だけでなく、泣き顔もそうです。

つまり、自ら微笑みを浮かべると、それが自分に返ってくるんです。

この「和顔」を意識してみましょう!

和やかな笑顔は、幸せな循環をうむ最高の表情です!

人に会うときはもちろん、心が苦しくなったとき、もういつでも、

仏様のお顔を思い出して、「私は仏」と唱えてみてください。


6回の閲覧

© 2017-2020 by ライブラン株式会社

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle