検索
  • LiveRun

油は老化を防ぐのにもっとも効果的!?



1月26日のカレンのスローランでお届けした、『最強の油』。

老化を防ぐのにもっとも有効なものは、油である!とご紹介しました! 

カラダには、約六十兆個の細胞があり、これらは全て油でできています。

というのも、カラダに必要な水分の一つ一つに、

油がコーティングされているからなのです。

ここからは、老けないカラダを作るための最強の油をご紹介します。

オリーブオイル:食べすぎを抑える効果があります。

オリーブオイルに含まれる香り成分が、肝臓での糖分の吸収を阻害して、

満服中枢を刺激する働きがあるため、食前にサラダにかけてみたりすると、

食べ過ぎを防ぐことができます。

ただし、オリーブオイルは、【最強の油】ではない!?のです。

というのも、オリーブオイルを超える油が、あるからです。

それが、『菜種油』

セイヨウアブラナをゆっくり時間をかけて圧搾して、取られる油です。

今回は菜種油を司る、3つの栄養素をご紹介しました。

⑴オレイン酸

悪玉コレステロールだけをやっつけてくれる、栄養素。

他の栄養素と違って、酸化しにくいので、〝ガン〟になりにくいのです。

⑵α-リノレン酸

これが不足すると、〝認知症〟になるかもしれないと言われています。

血液サラサラにして血圧を下げたり、老化防止、うつ予防にもなります。

⑶ビタミンK

出血した血を止める役割や、骨を丈夫にする効果があります。

骨粗鬆症の治療薬にも配合されています。

ただ、日常生活でなかなか、油を意識して摂るのは難しい…となると、

おすすめしたいのが、『ナッツ類』

中でも、『マカダミアナッツ』がおすすめです。

菜種油にもある栄養素のオレイン酸、食物繊維も豊富、血の流れをよくしてくれます。

ただし、食べ過ぎは禁物!1日5粒を目安に食べるようにしましょう!

油には、マイナスのイメージが結構多いのですが、

油はむしろ生きていくうえに欠かせない、【最強】のものだったのです。

#トレーナーKaren

0回の閲覧
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2020 by ライブラン株式会社