検索
  • LiveRun

カラダを温める 健康のコツ


12月13日木曜日、トレーナーKarenのHappyMornningRunでお届けした、

【カラダを温める 健康のコツ】です。


  • 効率的に温めるには、大きい筋肉や太い血管を温めよう!

★太い筋肉:お腹、お尻、太もも、二の腕

太い筋肉を温めると効率よく全身に熱が伝わります。 

★太い血管:首、手首、足首

血管が細い⇒流れる血液もすくないため、なるべく、太い血管が通っている場所を温めよう!

温める、ほかに、意識的に動かすことで血液の流れがよくなります。

  • 下着を○○生地に変えるだけで温まる!

化学繊維のインナーは、保温性に優れてはいるものの、吸湿性が低いので、カラダを温めてくれるが、汗をかくことで、汗冷えを起こすので要注意です。

カラダを温めるには、綿やシルクなどの天然素材の下着がおすすめです。

綿:吸水性と保温性にすぐれた繊維。

シルク:人間の肌に近いたんぱく質で、できているので下着として万能。一年中身につけられる。

    デトックス効果もあるよ!

★機能性インナーを着用すると乾燥しやすいとされている

理由の一つが、肌の水分を余分に吸収してしまうためであると考えられています。

これは水分を吸収することによって発熱させたり、蒸発させたりする機能によるものです。 シルクは吸湿性に優れ、保湿力はコラーゲンよりも長時間持続すると言われています。

綿と比べて、1.5倍! 余分な汗はしっかりと吸収しながらも、しっかりと保湿してくれる嬉しい繊維なのです。

ウール:保温性に優れているので、これからの冬に毛糸のパンツやレッグウォーマーにとりいれてみてください!

簡単にカラダを温める方法!ぜひみなさん試してみてください!

そしてポカポカの冬をお過ごしください^^

#トレーナーKaren

0回の閲覧
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2020 by ライブラン株式会社