検索
  • LiveRun

本の朗読アプリ、オーディブルって知ってる?


ライブランナーのみなさんこんにちは!

7/12のライブランでトレーナーゆうこが紹介した、本の朗読のアプリ「Audible(オーディブル)」

はこちらです。

https://www.audible.co.jp/

実際にオーディブルを使って聞いてみてよかった点 3つを紹介

1 聞く速さを変更できるという点。1.25倍速で聞いています。時短でGood。

ちなみに1.5倍速もありますが、早くて聞き取りが難しい。

2 話すのが上手。 声優さんが録音した声ですので、当然ですが誰もかまない。そして間がいい。

3 スリープ機能がついていて15分後に自動で音声が止まる機能とかある。

どうかなと思う、マイナスな点 2つを紹介

1 また読み返したい部分をブックマークできない。知らない四文字熟語とか目で見られないので、あとで確認しづらい。

2 本の数が少ない。この本があればいいなというのが少ない。実際に人の声が話しているので、どうしても手間と時間がかかっているので、まだ数は多くないのかなという印象です。

ーーーーー

そしておすすめの本は

空飛ぶタイヤ

著者 池井戸潤(半沢直樹や、下町ロケットなんかで有名な方です)

2009年にWOWOWの『ドラマW』でテレビドラマ化。

2018年にtokioの長瀬智也主演で映画化。池井戸にとって初の映画化作品となる。

6月にスタートして今もTOHOで上映中です!

あらすじ

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。

大型トラックのタイヤがはずれ道路の下にタイヤが飛び、運悪く母子にあたり、母親が死亡するというかなり悲しく重いスタートで始まります。

整備不良を疑われた運送会社社長・赤松は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車の沢田に再調査を要求。

ホープ自動車は「うちに不備はない」と調査に全く応じません。

それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業ホープ自動車の“リコール隠し”―。

果たしてそれは事故なのか事件なのか。



0回の閲覧
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2020 by ライブラン株式会社