検索
  • LiveRun

裸で寝ることによる、身体のプラスの影響


みなさんは寝る時にパジャマを着て、寝ていますか?

それとも下着だけ?

それとも素っ裸?

ウェブサイト、”The Telegraph"では、裸で寝ることによる、身体のプラスの影響が紹介されています。

まず裸や下着で寝ると、クオリティーの高い睡眠が高いと言われています。

パジャマや、普通の洋服を着て寝ると、体温をあげることになり、睡眠を妨げます。

人間は体温が下がった時に一番いい睡眠がとれるからです。

また睡眠中の体温が高いままだと、睡眠中に発されるはずの成長ホルモンが発されない恐れがあります。

これにより、コレステロールレベルは高いままになり、脂肪を燃やすかわりに、脂肪を貯めてしまいます。

またこの成長ホルモンはアンチエイジングの働きもします。

さらに、タイトなボクサーやパジャマを着てねると、精子の生産にも悪影響を与えるそうです。


#ライフスタイル

56回の閲覧

© 2017-2020 by ライブラン株式会社

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle