ライブランとは

b2b 2_.png

ライブランは、生実況を聴きながら離れた場所にいる人々と同時にランニングを始めとする運動を楽しめるアプリです。

どこからでも参加できる「ダイレクト性」、一緒に運動をしているメンバーとの仲間意識が産まれる「コミュニティ性」に加え、運動することでプレゼントが当選する「ゲーム性」を掛け合わせることで、能動的に運動の習慣化をサポートします。

 

瀬古利彦さんをはじめとする、著名人が生実況を担当するセッションもあります。

ライブランマーケティングとは

b2b 3_.png

御社のニーズを満たし且つユーザーが楽しめるオリジナルコンテンツを作成します。

私たちは1日に4,000~10,000もの広告・宣伝を消費していると言われています。そんな中スマートになった消費者は、広告・宣伝に対してとても敏感になりました。


ライブランでは、クライエントのニーズをしっかりとヒアリングした後、ユーザーが運動をしながら楽しめる生放送の音声オリジナルコンテンツを企画し配信します。
 

過去のコンテンツ事例1

         

プロモーション対象:バナナ

コンテンツ:バナナの保存方法

banana jpg.jpg

皆さんはバナナをどのように保存しているでしょうか?

今保存している方法が果たしてバナナの美味しさを維持できる保存方法なのか?

バナナの茶色い点々にはどんな意味が?

さらにはとっておきの作り置き方法まで。これであなたもバナナマスター!

00:00 / 40:17
Read More

過去のコンテンツ事例2

プロモーション対象:マラソン大会・町おこし
コンテンツ:グルメRUN

Kyoto .jpg

京都街歩き大好きなトレーナーYokoがあなただけに教える京都のおすすめグルメスポットを30分のラン・ウォークセッション中に紹介します♫

00:00 / 56:02
Read More

ライブランマーケティングの特徴

平均滞在時間.png

特徴1.  ユーザーの長い滞在時間

 

生放送の中で、MCからスポンサーの商品またはサービスのPRを自然に混ぜて行います。最近では、数秒でスキップされる広告が大半な中、ランニング中ずっとMCの声を聴いているランナーに効果的にPRできます。

一番短いセッションでも最低42分間、早送りができない状態で、参加者の耳を貸していただくことができます。


 

*socialbakers,UHURU.network.com調べによる

b2b 5_.png

特徴2.  意識づけ・動機付けができる

 

認知だけにとどまらず、ブランドや企業が参加者に起こしてほしい行動の動機付けに高い効果を発揮します。

ライブランの効果測定調査によると、ライブランで紹介されたものを購入したことがあると答えたのが、76パーセントという高い数になっております。

Blue Content Creation Table Plan Diagram.png

ライブランの特徴とユーザー層

Japan map.png

全47都道府県からの参加者

 

北は北海道、南は沖縄まで、日本全国からライブランに参加者がいます。通常の広告や宣伝ではリーチすることが難しい遠方のかたにもリーチすることができます。

b2b 5_.png

SNS発信率94%の発信大好きな集団

ランニング後にセッションの感想や紹介されたことに対するオーガニックな投稿が各SNSにて行われます。

このSNS投稿がライブランに参加していない人にも露出されるため、高いリーチ数を生み出します。

*5セッションで50万人にリーチを保証します。

*リーチ数はBrand24によるデータに基づきます。

導入イメージ

01

ヒアリング

御社が促進したい商品やイベントの内容をヒアリングいたします。

過去の商品の事例

シューズ、バナナ、健康デバイス、イヤホン、チョコレート、日焼け止め、など。

過去のイベントの事例

マラソン大会、チャリティイベント、ファンイベント、地域町おこし、など。

02

企画

ヒアリング後、セッションのコンテンツを企画します。クリエイティブで聴いていて楽しい、内容を企画します。

セッション実施回数・実施時間帯・担当トレーナー(MC)などを決定します。

03

​ウェブサイト作成

御社の要望に合わせて、特設ページを作成します。同時に告知画像も作成いたします。

過去の事例はこちらから。

04

​実施

ライブランに在籍するさまざまなバックグランドを持つトレーナー(MC)が生放送のセッションを実施します。

ご要望に応じて、ゲストを準備することも可能です。(別途料金必要)

生放送後にアプリ上からダイレクトに御社の購買ページに誘導することも可能です。

05

​データ分析・共有

ご要望に応じて、生放送中に寄せられた参加者からのコメントを共有することができます。
通常のアンケートでは聞くことができない、生の声を拾うことができます。

上記に当てはまらない形でのご相談やコラボレーションも相談可能です。その場合、下記メールアドレス宛に詳細をご連絡ください。

info@liverunapp.com (営業担当宛)