BizRunBanner.jpg

大人のキックボールビジネス

​放送日:2018年7月4日

Johnny LeHane, David Lowry, and Jimmy Walicekは

ビジネスをスタートしたい気持ちより、飲み仲間を作りたい気持ちから始まった。

「男女が一緒に楽しく遊べる方法はないだろうか?」

「子供の頃遊んだキックボールはどうかな?」

バーで女性をナンバする方法を考えながら大人のキックボールリーグを作る話になった。

 

住んでいる地域、ワシントンDC近辺でリーグを作って運営。

同じ日にあっちこっちで試合を行い、終わったら全チームが同じバーで集まって飲む。

会ったことない女性をバーで見つけても、「僕と今度デートに行かない?」って聞くより、「僕はキックボールチームに入っているんだけど一緒に遊ばない?」と聞いた方が効果的。

 

初めはノンプロフィットグループとして始めたが、2016年に会社ClubWAKAとして運営を開始。

 

スポーツリーグを自分で作るのが面倒な理由。

  • チームメンバーを見つける。

  • 試合相手のチームを見つける。

  • ルールの統一。

  • 場所と日程を決める。

  • 審判を確保。

  • 勝ち負けの結果を発表。

  • ユニフォーム、商品などを用意。

 

Q1

リーグを作る街を増やすのが先か

キックボール以外のソーシャルスポーツに広めるのが先か。

 

Q2

競合って誰だと思いますか?

 

Q3

どこからの売り上げにフォーカスする?

ビール会社からの宣伝費、

バーからに宣伝費

参加者からの参加費

 

Q4

なぜ現在このようなソーシャルグループが魅力的なのか?

 

Q5

日本で似たようなことはできそう?

どのスポーツ?

​参考サイト:

https://www.kickball.com/

© 2017-2019 by ライブラン株式会社

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle