BizRunBanner.jpg

Bulletproof Coffee

​放送日:2019年1月16日、2018年6月27日

このビズランで紹介したのがアメリカで大ヒットした商品、Bulletproof Coffee

このヒット商品を世に出したのが「デイヴ・アスプリー」
本:『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』

ケトン体ダイエット(Ketogenic diet)って聞いたことありますか?
炭水化物を避けて油(オイル)を食べるダイエット方法です。アメリカではケトン体ダイエットが大ブームして、その仕掛け人の一人がデイヴ・アスプリーさんです。

ここで注意点ですが、LIVERUNがこのデイヴ・アスプリーさんの方式、ケトン体ダイエットをおすすめしているわけではありません。現時点でアメリカではケトン体ダイエット反対者とファンの人で議論がヒートアップしています。どちらが正しいか、まだ医学の方でもはっきりした結果が出ていない状態です。

 

ビズランでBULLETPROOFコーヒーを取り上げた理由はデイヴさんがこのヒット商品を出したことがビジネス的に学べるポイントだからです。
iPhoneなどのテック商品と違ってコーヒーって目立つイノベーションがあまりない。ではどうやってデイヴはコーヒーでヒット商品を出すのに成功したのでしょうか?
こののビズランでその答えを探りました。

そのヒントとなる実験です。
彼のコーヒーを2通りの方法で紹介します。
どっちの紹介方法の方がコーヒーを実際に買いに行きたくなりますか?

 

商品紹介1
デイヴ・アスプリーが開発した飲み物をBulletproof Coffeeと言います。
このBulletproofコーヒーとはクオリティーの高いカビ毒なしコーヒー豆を使っています。
そしてコーヒーの中に入っているのは草のみを飼料として肥育した牛のバター。
そしてデイヴが開発に開発を積み重ねたBrain Octane Oil。
元はココナッツオイル。
でもすべてのココナッツオイルがいいわけではないとデイヴは言います。
Brain Octane OilはココナッツオイルからMCT(Medium Chain Triglyceride)を引き出したもの。
もちろんこのコーヒーは高カロリーです。
なので食事と一緒に飲むのではなく、
朝食の代わりに飲むことをおすすめ。
このコーヒーがデイヴの開発したBulletproofダイエットのカギとなっているのです。
理由はこのコーヒーを飲むことで体内のケトン (ketone)レベルを高めるからです。
ケトンは脂肪を燃やし、脳にエネルギーを与えるのです。


商品紹介2
デイヴ・アスプリーはアメリカのシリコンバレーでとても有能な起業家でした。でも体の方がどんどんダメな方向に向かっていたのです。
体重は130KGオーバーになってしまい肥満。
いつも疲れていて頭の回転にも影響してきていました。

30歳のとき、医者に「あなたはもうすぐ心臓病か脳卒中になる」と言われた。

そんなある日、チベットにトレッキングに行きました。
カイラス山を登り、疲れ果てていた。
高度18,000mで-20C。
エネルギー切れだった彼はゲストハウスに飛び込んだ。
そのゲストハウスであるチベット人女性がくれたのは
ヤクのバター入りのお茶。
ヤクって動物をご存知ですか?
ジブリアニメの「天空の城ラピュタ」にも出てきた毛深い牛のような動物です。
このヤクのミルクで作ったバター入りのお茶がこの寒いチベットの山に住む人々には必要なドリンクなそうです。
このお茶を飲んだデイヴ、
数分後、あっという間に頭がクリアになり力が世に上がってきた。
脳と体のスイッチが入った気持ちだったとデイヴは語ります。

アメリカに戻ったデイヴは研究を重ねました。
なぜあのお茶は僕の脳のスイッチを付けてくれたのだろうか?
お茶の代わりにコーヒーにして
ヤクの代わりに草のみを飼料として肥育した牛のバター。
そしてココナッツオイルを加えます。
これを使って生まれたのがBulletproof Coffee.
あのチベットが体験したエネルギーのクリアな脳を感じることができるようになったのです。

 

どうでしょうか?
商品紹介1&2
向後の方が説得力ありませんか?

理由は商品紹介2の方がストーリーだからです。
人間と言う生き物はストーリーを受け付ける仕組みになっているのです。

リサ・クロンさんの本、「脳が読みたくなるストーリーの書き方」
出版社: フィルムアート社 (2016/9/23)
でもそう書かれています。

 

人間は常に
「次に何が起こるか知りたい」
そういう動物のようです。

BULLETPROOFコーヒーがヒットしたのも、デイヴさんは彼が体験したチベットのストーリーをうまく伝えたからです。彼の考え出したダイエット方針を「Biohack(バイオハック)」と呼び、本を書き、アメリカ中を飛び回りスピーチを行いました。実際に人と会うことで自分の持つパッションが伝わると彼は言っています。

後ほどヒット商品になるBulletproofコーヒーですが、最初は作り方を無料で教えていました。コーヒーにバターを入れる。それほど難しい物ではありません。ポッドキャスト番組も作り、彼の発見したバイオハックを伝え続け、ファンがどんどん増えました。

Bulletproofコーヒーを商品化したのはそのあとのことでした。
健康意識の高い人が使うスーパー「Whole Foods Market」のある1店舗に期間限定で置いてもらうことになります。ポッドキャストやSNSなどで自分のファンたちにこのことを伝えます。すぐに売り切れ。
Whole Foods Marketはもっと多くの店舗で売りたいと言ってきます。
またファンに伝える。
また売れる。
この繰り返しで全国のWhole Foods MarketでBulletproofコーヒーが売られることになったのです。もちろん他のスーパーやコンビニからも要求が来ます。

このケースで学ぶべきポイント
1.商品やサービスを売るときはストーリーがあることが大事。
2.売ることより、ファンを作ることでヒット商品につながった。

 

参考リンク:

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

デイヴ・アスプリー

Is Bulletproof Coffee Good For You?

朝食に「バター入りコーヒー」 その真意を語ろう

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者に聞く

 

Dave Asprey: How To Become Bulletproof In Your Career And Life

Bulletproof Announces Official Spinoff Of Bulletproof Labs; Now Upgrade Labs

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2017-2019 by ライブラン株式会社